一般事務・販売・正社員などのお仕事なら「求人もあ」におまかせ!!

今さら聞けない!?週休2日制と完全週休2日制の違いとは?

今さら聞けない!?週休2日制と完全週休2日制の違いとは?

2022.01.06

愛知県豊橋市に人材派遣会社を営み、工場求人もあ(求人もあ)を運営しています「株式会社サンキョウテクノスタッフ」です。

ブログ形式で「派遣のお仕事情報」や「初めて派遣で働くひと」のお役立ち情報を定期的に配信していきます。


さて、早速、今回のブログのテーマに入りたいと思います。

今回のテーマはズバリ『今さら聞けない!?週休2日制と完全週休2日制の違いとは?』ということでお伝えしていきたいと思います。


お仕事を探す時、休日日数がどれ位あるのか気になる方は多いかと思います。

求人の休日・休暇の欄には休日についての詳細が書かれていますが、「週休2日」「完全週休2日」と記載されている求人を見かけたことがある方も多いでしょう。

「週休2日」「完全週休2日」は似たような言葉ですが、実は大きく意味が違うことをご存知でしょうか。意外にも「週休2日」「完全週休2日」の違いを知らない方は多いのかもしれません。


もしその意味をしっかり理解していないという方は、ぜひ本記事でそれぞれの違いを確認してみてくださいね。

■「週休2日」とは?

「週休2日」とは「1カ月間のうち週2回休みを設けている週が1度以上ある」という意味です。そのため毎週必ず週2回の休みが設けられているわけではありません。

2回休みが設けられている週以外は、週1回しか休日がないケースもあります。

そのため週休2日は、最低月5日以上の休みが約束される契約になります。

会社の方針として週休2日と定めていても月5日以上休日を設定してくれる会社もあるかもしれませんが、週休2日と記載している以上月5日だけ休日が設けられていると考えた方が良いでしょう。

■「完全週休2日」とは?

「完全週休2日」とは毎週必ず2日の休みが設けられていることです。つまり最低でも月8日以上の休日を取得できます。

月の中で1回でも週1回しか休日を設けられなかった場合、完全週休2日にはなりません。


ただし、「完全週休2日」は必ずしも休日が土日曜日とは限りません。

職場によっては平日に休みが設定されていたり、シフトで管理されている場合は曜日が固定されていません。また祝日が休みでない場合もあります。

決まった曜日に休日を設定したい場合や祝日も休みたい場合は、応募前に確認が必要です。


上記のことから「週休2日」「完全週休2日」は全く休みの日数が異なることがご理解頂けたと思います。


派遣やアルバイト・パートのように時給制の場合、週休2日のほうが労働総計が長くなり月の収入を増やすことができるでしょう。

一方で正社員や契約社員のように月給制で雇用されている場合は、完全週休2日の求人で採用してもらうと、週休2日と比較して1日あたりの単価が高くなります。

■仕事への応募は多角的に条件を確認しましょう

仕事への応募は仕事内容や給料・勤務地はもちろん、自分のライフバランスに合った休日制度を採用しているのか、など多角的に条件をチェックすることが重要です。

特に「週休2日」「完全週休2日」では表記が似ていても、月間で取得できる休日日数が大きく異なります。


入社後に「もっと休めると思ってたのに…」とならないためにも、応募の際にチェックしておきたい条件の制度を正しく理解しておきましょう。



今回は『今さら聞けない!?週休2日制と完全週休2日制の違いとは?』について特集をさせて頂きました。

皆様のお仕事探しのご参考になればうれしい限りです♪


静岡・愛知・兵庫・長野などでの工場・製造のお仕事も工場求人もあ(求人もあ)におまかせ!

お電話でのご相談やお問い合わせも大歓迎です。

その場合は下記のお問い合わせ窓口から、運営企業である「株式会社サンキョウテクノスタッフ」のお近くの営業所までお気軽にお電話ください。

https://www.kyujin-more.com/